借金 相談


家族に内密に借金をしていましたが、とうと

家族に内密に借金をしていましたが、とうとう支払いが滞り、債務整理する事になってしまいました。


かなり多額の借金があるため、もう返済に首が回らなくなりました。



話をしたのはそこら辺の弁護士事務所でかなりお安く債務整理をやってくれました。



債務整理をしたことの情報は、一定期間残ります。

この情報が保持されている期間は、新たな借入が不可能です。情報は何年か経過すれば消えることになっていますが、それまでは見ようと思えば誰でも見られる状態で残されています。

借金が返せないほど増えた場合に、お金が返せない人は、弁護士を通して債権者と相談して、いくらなら払えるのか、返済する額を調整します。このような任意整理が行わますが、任意整理を行う際に、銀行口座が凍結される場合があります。銀行に預金がある場合はそのお金は債権者のものとされてしまうので、事前におろしておきましょう。
債務整理に必要となるお金は、手段によってとても違いが出てきます。


任意整理の時のように、1社それぞれを低い金額で行うことができる方法もありますが、自己破産のように、かなり高めの料金を用意するものもあります。自分自身でかかる費用を確かめることも重要な事です。

債務者と債権者の間で借金を整理すると連帯保証人に迷惑がかかってしまうという話を知っているでしょうか。



自分で返済しなくてもいいという事は連帯保証人が代わって返済するという事になってしまいます。

なので、その事をしっかり覚えておいて任意整理をしていくべきだと判断しますね。自己破産というのは、借金の返済がもう絶対に、不可能だということを裁判所から認めてもらい、法律により、借金を取り消してもらえる方法です。生活する中で、必要最低限の財産以外は、すべてをなくすことになります。

日本国民ならば、誰でも自己破産をすることができます。



債務整理をしてしまったら自動車ローンの審査に通らなくなるんじゃないかという方がいるものですが、実際、そのような事はないのです。つかの間、組めない期間がありますが、その期間が経過すると他の人と同様に、ローンを組めるはずですから、心配はいりません。


個人再生に掛かるお金というのはお願いした弁護士や司法書士によってさまざまです。お金を持っていないのにそんなの払えるはずがないという人でも分割払いもきくので相談できる事になっています。

困窮している人は相談すると良いと思うのです。

ページの先頭へ